2006年04月23日

鬱病・2

dac6f05a.jpg私も実は、そんな気があるような、ないような…。
人と関わるのが得意ではないし、きっと自分に合わない場所へ身を置いて、そこで我慢し続けていたら、気がおかしくなってしまうだろうし、自分を支えるものが何もなくなってしまったら、やはり、おかしくなってしまうだろう。

憂鬱な気分が続いた時期もあったけれど、喘息になってから考えが変わってきた。
喘息は肺疾患だから、この先肺癌になる可能性もあるし、喘息のままでも、いつ大発作が起きて、窒息死するかも分からない…。(日本で毎年5〜6000人喘息死しているらしい。)
でも今は生きている。折角生きているのだから、私はやりたいことをやるのだ。
自分が楽しいと思うことをやる。

私は、憂鬱な気分の時、とりあえず自然の中へ行く。すると決まって気持ちがスーっとするし、歩きまわっているうちに体が疲れて、夜ぐっすり眠れるのだ。
余計なことを考える間もなく、勝手に眠くなっちゃう。効果有り。おススメ。
だからと言って、無理しちゃだめだけどね。

しかし、こうして書いてみたら、私はうつ病というより、『わがまま病』だな。これは一生治んないかも。(-_-メ)…。続く…?


pain_pou2971 at 19:47|PermalinkComments(0) 健康 | 健康

鬱病

5c25221f.jpg私が最近気になっている病気…『うつ病』。

実はついこの間から、このホームページとは別に、ネット上のコミュニティー広場みたいな所へ登録してみたのだ。何となく楽しそうな雰囲気がしたからだ。
そこへ登録している人は年齢もさまざまで、色々な人がいて、日記などを読ませていただくと、とても勉強になる。でもちょっと気になったことが…。

その広場には、サークルも多々開設されているのだが、会員数が多いのが、『うつ病』のサークルなのだ。

う〜ん…。本当に最近は、鬱病になってしまう人が、ものすごい勢いで増えている。
悩み、不安、孤独を抱えて生きている人が沢山いる。
『うつ病』になってしまう人の共通点は、真面目で頑張り屋・完璧主義等が上げられるそうだが、真面目で頑張り屋さんなんて、昔から沢山いたはず。
どうして、今、真面目で頑張り屋な人が、鬱病になってしまうのか。

どうも私は、この世の中の急速な変化と心の病が関係しているような気がしてならない。便利なものに振り回されすぎている…仕事に生活に忙しすぎて、頭だけが異常に疲れている…我慢のし過ぎ…家族の愛情が希薄…。

・・・( ̄  ̄;) うーん・・・・続く。



pain_pou2971 at 19:03|PermalinkComments(0) 健康 | 健康

2006年04月13日

『母』ということ。

8e2bb476.JPG今日の写真は私の友人、Yちゃんが飼っている犬・リンコ(あだ名)の写真。Yちゃんは、リンコのコトをものすごーく可愛がっている。リンコの健康を考えて食事を手作りしている。リンコの衣服をTシャツ等をアレンジして、手作りしている。最初私はビックリしたが、リンコのHPを見て、まるで子育て日記を読んでいるような気がして、何だかジーンとしてしまった。でも、生き物を育てるのだから、犬も人間も同じ事なんだなぁ…。と思った。だから、この先は、犬も人間も同じ。と思ってお読み下さい。

昔は、母親が子供の食事を作るのが当たり前だった。今はご飯なんてどこでも食べられるし、どこにだって売っている。昔は、幼稚園や保育園等の保育施設も少なく、子供が小さいうちは、母親の傍で過ごすのが当たり前だった。今は保育施設もかなり増え、産んで間もなくから預けられるようになった。でも
「子供はお母さんの作ったご飯を食べる。のではなく、お母さんが買ってきたご飯を食べる。」「自分の子供の面倒は自分でみる。のではなく、自分の子供だけど、面倒は他人任せ。」…。
私には違和感がある。勿論、そうせざるを得ない場合もあるが、子供はこっちが驚く程、利口で、やむを得ずそうなっているのか、いないのか、ちゃんと感じているのだ。

犬の寿命は人間より遥かに短い。ということが分かっているけれど、人間だっていつ、何があるか分からない。突然の事故、突然の病…。そう思うと、子供と過ごす一日一日が何と貴重なことか!と思う。(ホントはこんな事を思わなくても、日々そう感じなければ。)

そんな事を言っても、実際子育ては、真剣になればなるほど大変だ。でも、『母は強し』と言うけれど、子供に関わっているから、自然と強くなれるのであって、子供に関わらずして『母は強し』、はない。と思う。
それに、私はこの世の中で『親』という職業が、一番すごい仕事だ。とも思っている。だって、世の中にはすごい人が沢山いるけれど、その「すごい人」を育てたのも親でしょ?

子育ては大変。大変だけど、その努力はいつかきっと実る。と信じたい。
…ちなみに、Yちゃんのリンコは、ドッグショーでNO.1。チャンピオンなのだ。すごーい!!!!!私もYちゃんを見習わなくっちゃ、と思う今日この頃。今日も自分への説教でした。あ、でも私も子供を産んでから、心臓にそこそこ毛が生えました。(。-_-。 )ノ 

pain_pou2971 at 01:43|PermalinkComments(3) 育児 

2006年04月04日

進化と退化

b083d6ff.jpg三年前に左足を複雑骨折して、足首だけで三箇所、左足がボロボロになってしまった。そして手術して、足の中にプレート1枚とボルト7,8本…。極太のホッチキスで20針位縫って、内出血で足が破裂しないように、穴を開けて血を出す管を付け、背中にも痛みを散らす薬を入れる為の穴を開け…。点滴を毎日3時間。嫌だったなぁ。ほんとに。
それで、約1ヵ月後位にやっとギプスが外れたのだが、ビックリ!私の足じゃない!ただの棒である。筋肉は見事に無くなり、足首は90度以上全く曲がらない。たった1ヶ月動かさなかっただけで、こうも使い物にならなくなるものかと愕然としてしまった。
その後8ヶ月せっせとリハビリに通い、1年後に今度はボルトを抜く手術をし、それからまたしばらくリハビリ…。
でも未だに私の左足は力もなく、疲れるとびっこ引きになってしまう。踏ん張りも効かないので、電車の中でしっかり摑まっていないと転んでしまう。高いところも怖い

今は車社会で、歩くことが少なくなり、急速に足腰が衰えているのだそう。
特に今の子供は、生まれたときから車で移動しているので、運動音痴の子が続出…。

動かないと。折角動かせる足があるのだから。
私なんて特に、努めて動かさないと益々衰える一方だわ〜。
という訳で、この間もまたちょっとした山歩きをしてきました。
写真は、たまたま松ぼっくりと枝が丁度良い具合に並んでいたので……♪

pain_pou2971 at 23:44|PermalinkComments(0)

2006年03月24日

ぽーの日々

今日からブログを始めました。え?と、何を書こうかな…
とりあえず今日の出来事をかいてみる。
午前中はいつも通り、大量の洗濯をして、昼に『和つうしん』の編集をしてくれ
ているakkoさんと、カフェで待ち合わせ、原稿の確認&おしゃべり。
akkoさんと会うのは今日で2回目だけど、すごくいい人だし話題が豊富で、話がつきない感じ。
話の内容は、食べ物が中心だったが、仏像の表情がどうとか、お地蔵さんを
発見した話とか…。普段は話さないコトも話せて、とっても楽しかった。
私は、神様を感じられるような場所が好き。
それは、山だったり、森だったり、お寺だったり…。でも何故好きなのか?
私がちっぽけな人間だからかな。
だから、何事にも動じない、「おぉ!」ってものがある場所に行くと、安心するし、気が引き締まる。
んな訳で、これからもこんな感じでいってみます。

写真は、森の中の老木。

pain_pou2971 at 22:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)